ものおと

散歩と散文

すべては流れている

うまい言い方がみつからない。しかし結局のところ言葉と言うのはその都度のものでしかない。そもそも発話している現在現住所以上に広がっていることはかなりまれなことである。だから現在SNSなどで容易に世界にむけて広がっているようにみえてもそもそも注意している人間が必要というのであればその実ネットなどなかった状況と変わらないのかもしれない。
さてそういう話ではなくてすべてのものは今ここであそこで変化し進行している。同じものがあるようにみえるのは変化の速さ、テンポの違いがそうさせる以上に認識自体が変化と進行の上に成り立っているからだ。一緒に動いているものは相対的に止まって見えるというたとえになる。
しかし、いつまでも並行しているわけではないので変化は感じられ、認識される。いずれ私は死んでしまうので圧倒的にこの今の普遍性、一般性、不変であることは局所的なものだ。
でも、普遍というのはいろいろ応用が効くいくつもの場合に役立つと言う意味だし、不変で一般的なのは基本どこでもいつでも使えるということの指標である。
こうしたものは結局プラグマティックな捉え方がわかりやすい。しかし一方で
我々の特異さ、自分でしかないことはいつも近くにある複雑さでありかつ時空的にも局所的であり大きな尺度でみれるなら無に等しいともいえる。そうなると今度は別な意味で普遍な「変化すること、進行している」こと自体のほうが圧倒的に実在しているともいえる。「個別性」なんて無に等しいというわけだ。
ただこれはジレンマではない。視点をかえるとこうなると言う話でしかない。
ハイデッガーニーチェに見出した形而上学の完成である生成に存在の刻印をおすことなどと大げさにいわなくても変化し進行していることの方があたりまえなのであって、私が捻り出そうとする「不変な一般性」なぞこの特異で大きな尺度からは無に等しい「私」がその一瞬の人生で利用できるようなものでしかないのだ。
しかし私は私でしかなくこの人生しかなくそんな私を貶めるようなことは自然に無視しているのである。
今やネットから大量に知られる変化してやまない広大な宇宙と世界の有様には食傷気味だ。宇宙とか世界という枠組みも飽きた。むしろ「そこら辺」の方がいい。
宇宙論よりも実際の地球探索の方がはるかに有意義だし、想像も豊になる。
哲学は本当のところどちらかというと簡単に食べて腹がいっぱいになるジャンクフードに近いのだ。安直に思索に耽溺したい人の道具である。